このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2019.02.14相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
2月22日は何の日?

タイトルの「2月22日は何の日?」という問いの答えは“猫の日”が正解でした。

英語で“Catfish”(猫みたいな魚)と呼ばれているのがナマズの仲間です。共通点を探すと、どちらの顔にもヒゲが生えているのがわかります。
魚の図鑑を開いてみると、ナマズの仲間の種類が多いことに驚かされます。現在までに世界中の淡水域で2800を超える種類が確認されています。

アマゾン川などが流れる南米には、コリドラスというナマズの仲間がすんでいます。愛嬌のある姿をしていて、私のとても好きな魚のひとつです。

上の写真はコリドラス・パンダという種類なのですが、名前にまた別の生き物が入ってきましたね(笑)

猫の日にちなみ、2月のマンスリー水槽では10種類およそ100匹のコリドラスの仲間を展示しています。

種類ごとに大きさや模様が違いますので、ぜひ見分けてみてくださいね。

竹本


2019.02.05相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
相模湾水槽のボス

皆さんこんにちは!
毎年冬の恒例として、相模湾水槽では1月~3月にクエを展示しています。

体が約40cmと大きく、堂々としている姿から相模湾水槽のボスような存在のクエ。
12月頃まではクエと同じくらいの大きさのヒゲダイを展示していましたが、クエと展示交代し、
今はバックヤードでお休みしています。

同じ水槽内に2匹を同居させてしまうと、お互いストレスが溜まるので、どちらか一匹づつの展示なのです。

クエは他の魚と比べると、ものすごい表情のある魚だなぁと見る度に思います。
飼育日誌用に写真を撮っていたら、ものすごいガンを飛ばされてしまいました。

怖すぎる‥
生まれながらにしてボスの風格を身につけているような気がしてなりません。

堂々としたボス感漂うクエを是非見に来てくださいね!

黒川


2019.01.12相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
有名人のものまね

皆さんは“お笑い”は好きですか?
テレビのお笑い番組などでは、ものまね芸人が有名人のものまねをしている姿をよく見ます。

見た目を似せている人や、仕草などの動作を似せている人などものまねの仕方は色々ですが、見事なものですね。

実は、海の中にも“有名人のものまね”をする生き物がいるんです。
ただし、人間のものまねの目的が“笑わせること”ならば、生き物たちのものまねは“生き残ること”が目的です。

この生き物たちのものまねは“擬態”といいます。
天敵あるいはエサとなる生き物に気づかれないようにするために、生き物たちは擬態します。
擬態というと、落ち葉や石など周囲の環境にそっくりな生き物を思い浮かべる方もいるかと思いますが、
中には他の生き物に擬態するものもいます。

ただ今、海の生き物水槽ではとあることで有名な魚と、その“ものまね=擬態”をする魚を展示しています。

まず、“有名人”の魚はこちら。


毒をもつフグの仲間、シマキンチャクフグです。

そして、そのものまねをする魚が・・


あれ?こっちも、シマキンチャクフグ??
いいえ、こちらは毒をもたないハギの仲間、ノコギリハギです。

違い、分かりますか?

本当にそっくりです。

毒をもつシマキンチャクフグは、他の生き物におそわれることはほとんどありません。
そこでノコギリハギは、毒があるシマキンチャクフグのふりをすることでおそわれないようにしている、と考えられています。

シマキンチャクフグとノコギリハギの見分け方は、是非実物を見ていただきたいので、
あえてここでは説明しません!

他の魚に擬態する魚の中には、見た目だけでなく泳ぎ方などの動作までまねるものもいます。
 
なぜここまでそっくりな姿になったのか。

生き物って、本当に不思議ですね。

亀ヶ谷


2019.01.07相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
新しいスタートに!

2019年、新しい年がスタートしました。

皆さんは、何か今年の目標ありますか?

私は、2018年がやや引きこもり気味の1年だったので今年は何か新しいことを始めたいなと思っています。

私たち日本人には、新しい年のはじまりや、何か新しいことをするときなど縁起がよいものをかざる習慣があります。

お正月の門松や鏡餅、招き猫にだるま・・たくさんの縁起物がありますが、
生き物たちの中にも縁起がよいとされるものが多くいます。

“おめでたい”タイや “無事かえる”カエル、“脱皮=生まれ変わる”ヘビなど、
色々な生き物たちが、語呂合わせやその生き物の生態にちなんで縁起がよいとされています。

そこで、新しい年の始まりである“1月”のマンスリー水槽には縁起の良い生き物の一つ、“フグ”を選んでみました。

フグは、一部の地域では“ふく”とも呼ばれ、福をよぶ魚とされています。

また、漢字で河豚と書くので今年の干支“イノシシ”にちなんだ魚でもあります。

白い体に茶色のしま模様がオシャレなこのフグは、スジモヨウフグといいます。
ぽってりとした体つきに愛嬌のある顔、見ているだけでなんだかほっこりします。

2019年が良い年となりますように!

亀ヶ谷


2019.01.01相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
「釣りはじめ」

あけましておめでとうございます。
本年も「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」をよろしくお願い致します。

さて、12月21日より、始まっています!
特別企画展「釣りはじめ」!
今回は、釣りの基本を楽しく学べる展示となっています。

釣りの基本として、道具や糸の結び方、釣り方、餌の種類などをご紹介しています。
糸の結び方は、このようなブース。

その他にも、釣り人あこがれの魚として「マダイ」「アカメ」「イトウ」を展示しています。

そして、おもちゃの魚を釣る釣り体験も大人気です。

川釣りコーナーと海釣りコーナーを設けて、それぞれ釣れる魚が違うこともさながら、
釣り方まで違っているので、両方、是非とも遊んでみて下さい。


まだまだ他にも見どころ満載です。
今年最初のお出かけは、「釣りはじめ」で!

波多野


2018.12.19相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
実験テーブル、更新しました!

こんにちは!
最近急に寒くなってきましたね。
風邪を引かないように気をつけましょう!

12月下旬の休館日に小川の実験観察テーブルの展示更新をしました!

モクズガ二の脱皮についての解説から、
両生類の成長(変態)について、アカハライモリとメキシコサラマンダーを展示しています!

メキシコサラマンダーと聞くとピンとこない方も多いと思いますが、
きっと顔を見たら「あぁ~!」と思ってもらえるはず!

ウーパールーパーの愛称が馴染み深いですよね。正式名称は「メキシコサラマンダー」といいます。
まだ5㎝くらいの可愛らしいサイズで、おとぼけたような表情に癒されます。

アカハライモリの水槽では、以前、用水路へ現地調査に行った際、
落ち葉の下にアカハライモリがいたことがとても印象的だったので、その雰囲気を出そうとレイアウトしてみました。

少し見にくいかもしれませんが、落ち葉の隙間にいるイモリたちを探してみてください!

2018年も残りわずかですね。
今年のわたしは、生き物のように脱皮も変態もできてないなぁと反省の多い1年でした。
来年は完全な成体になるため、頑張りたいと思います。

黒川


2018.12.11相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
もうすぐクリスマス☆

この時期になると、街中がそわそわ落ち着かないような気がします。
なんといっても、もうすぐクリスマスですからね!

そこで、今月のマンスリー水槽はクリスマスをテーマに仕上げてみました。

クリスマスツリーにサンタクロース、きらきらした飾りなどが目に入りますが、ちゃんと生き物も展示しています。

赤と白がきれいなシロボシアカモエビ

飾りのあいだをゆらゆら泳ぐプテラポゴン・カウデルニィ

そして、サンタさんや家から(たまに)顔を出しているクモウツボ

ウツボがサンタさんになるのは、岩などのすきまに隠れる習性をしているのですが…
筒の中がお気に召さない様子でよく外を泳ぎまわっています。

居心地がよくなるようにリフォームしないといけませんね。

クリスマスまであともう少し!


2018.12.07相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
突然の出会い

先日、開館作業をしていると、先輩から「ミニ海水にエフィラ出てるよ」と言われました。

ミニ海水とは、館内の左奥にある「海の小さな生き物水槽」のことで、飼育員の中では「ミニ海水」と呼ばれている水槽です。

現在はウコンハネガイを展示してますね。

そしてエフィラとは、クラゲの赤ちゃんの事です。

クラゲは卵からふ化して産まれるわけではなく、発生段階によって形態を変えます。
そしてポリプと呼ばれるイソギンチャクのような形態を経て、エフィラへと変化します。

水槽を見に行くと、一生懸命ぴょこぴょこと泳いでいるクラゲがいました!

この茶色い体に平たい頭は!おそらく、サカサクラゲではないかと思います。

朝の忙しい時間帯でしたが、やっぱりクラゲはかわいいなぁと見入ってしまいました。

ちなみに‥

去年の冬、当時展示していたパイプウニの水槽からクラゲの赤ちゃん「エフィラ」が出たことを紹介しました。
あれからもエフィラが発生し、数匹バックヤードの水槽で飼育していますが、段々大きくなってきました!

矢印の先にいるのが、今回ミニ海水で生まれたばかりのエフィラなので、比べてみるとだいぶ大きく成長してくれました。
いつか、クラゲをふれあい科学館で展示したいなぁと、密かにたくらむ黒川でした。

黒川


2018.11.30相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
アサヒガ二のオススメポイント

皆さんこんにちは!

今日は特別企画展「もぐる!展」で展示している、私のイチオシ生物「アサヒガ二」をご紹介します。

暖かい海の砂底にすんでおり、普段は砂の中にもぐっているカニで、上から見るとこのような姿をしています。

今回の飼育日誌は、わたしが「かわいい!!」と思うアサヒガ二のポイントをガンガン紹介していこうと思います。

まず、もぐっている姿がかわいい!!

長い目だけ砂から出していることが多いですが、エサ(アジの切り身)をピンセットで近づけると、
両目をきゅ~っとエサの方に向けてきます。


そしてエサを近づけて少しすると、砂からがばっと出てきて、アジに勢いよく飛びつきます!

ハサミは、砂を掘りやすいよう大きくスコップのような形をしており、
この手を一生懸命動かしてエサをたぐる姿もまたかわいいです!

また、閉館して暗くなると、砂から出てきて水槽の中を活発に泳ぎまわったりします。

「いつもはじーっとしているのに、こんな活発に活動している!」と、初めて見たときはびっくりしました。

後ろアシをよく動かして泳ぐような動きもするので、自然界でももぐるだけではなく、
歩いたり泳いだりしているのでしょうか。

とてもよく動くので、尖った体が水槽にガツガツぶつかり、
「ちょっと痛そうだな‥」と「水槽、新品の使わなくてよかった‥」と思っています。

皆さんにアサヒガ二の魅力を知ってもらいたく、土日限定イベント「おさかなのおやつタイム」で
わたしが担当になった日は、最近はアサヒガ二を紹介しています。

普段の砂にもぐっている姿も、おやつタイムで活発に動く姿もかわいいので、是非アサヒガ二、注目してみてくださいね!

黒川


2018.11.25相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら
クリスマスツリー出しました!

皆さんこんにちは!
11月も残りわずか、本格的に寒くなってきましたね。

先日、デンキウナギを紹介しているミニトーク水槽に、クリスマスツリーを出しました!!

私が子どもの頃、実家では毎年ツリーを出していたので、なんだかその頃を思い出してウキウキしました。

デンキウナギの発電に合わせて、ツリーのライトが光る仕組みになっており、
水槽掃除をしていたりするとライトがピカピカと光ります。

デンキウナギは、約800Vもの電気を出すことで有名ですが、強い電気を出せるのはほんの一瞬です。

強い電気と弱い電気、2種類の電気を使い分けていて、
弱い電気は、周りに餌となる小魚がいないか探すレーダーの役割をしており、
強い電気は、小魚を仕留める一撃必殺!と、敵に襲われたときに身を守るための役割をしています。

13時30分からのミニトークでは、デンキウナギの解説をしながら、エサを使って発電実験を行います!

科学館前の広場のイルミネーションもきれいですが、
是非、デンキウナギの電気でピカッ!!っと光るツリーを見に、遊びに来てくださいね!

黒川