特別企画展

常設展示ではご紹介しきれない生き物の生態や魅力、
自然環境を考えることをテーマに開催しています。

特別企画展では、常設展示ではご紹介しきれない生き物の魅力や、最新のトピックスをテーマとして、年に4回開催しています。水槽展示やハンズオン展示を通して、生き物の生態や魅力を、小さなお子さまから大人の方まで、楽しく学べます。

特別企画展「ふぐ展 ~笑う門にはフグきたる~」

2020年12月18日(金)~2021年6月20日(日)の期間、特別企画展「ふぐ展」です!
当館は6月2日(火)より営業再開となります。 2020年6月2日(火)〜9月6日(日)は、「ねずみ展 ~ミーたちじつは仲間~」を開催いたします。
ふぐ展

概要

フグという魚は私たち日本人にとても馴染み深い魚で、食材としてだけでなく、その愛嬌ある見た目からも親しまれています。一方、フグは猛毒を持っていたり、腹鰭や肋骨が退化してなくなっていたりするものが多く、魚の中でも独特な進化をとげています。

今回の企画展では、フグ目の魚について紹介し、その変わった特徴やその魅力をお伝えいたします。

タイトル 特別企画展「ふぐ展 ~笑う門にはフグきたる~」
開催期間 2020年12月18日(金)~2021年6月20日(日)
開催時間 午前9時30分~午後4時30分(最終入館午後4時) ※月曜日休館日(但し、祝日の場合は開館)
開催場所 多目的室1
料 金 入館料のみで見学可能

ふぐ展会場入口には、大きな看板があります。恒例の「顔出し」も人気です。

入口には大きな看板!ここからご入場

会場内には体験コーナーを囲むように、海や淡水から汽水にすむふぐの仲間たちの水槽があります。

会場内は自由に見学できます。中央に釣りの体験コーナーがあります。
ふぐの王様と呼ばれる高級魚「トラフグ」
サザナミフグ
ハリセンボン
ミドリフグ 河口付近に生息

また、大きさを比べられる水槽も展示されています。

おんなじふぐでもこんなにちがう!

世界最小のフグ アベニーパファー

また、モニター画面に「ふぐがどうやって膨らむのか?」紹介されたり、ふぐの声をきいたり、トゲに実際ふれることができます。

パネルでいろいろ紹介しています。

会場中心部には、釣りの体験コーナーもあり、多くのご家族連れに好評です♪


2021年4月
18192021222324
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30