このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2018.01.12sagamigawa2014

パイプウニの口

皆さんこんにちは!

今回は企画展会場でも展示している、パイプウニについてお話します。
突然ですが、ウニの口は一体どこにあるか知っていますか??

実は、地面にへばりついている面の真ん中に口があり、白い歯を5つ持っています。
こんな風にガラス面に張り付いているときは、パイプウニの口が良く見えます。

こわっ!!!!歯がなんだかこわい!!!!
私が口を見たときの第一印象はこれでした。
外からでは歯は少ししか見えませんが、体の中には歯の本体ともいえる部分があり、
とても強い筋肉がついているので色々なものをかじってしまいます。噛まれたら痛そうだ。

パイプウニには、2日に1回乾燥ワカメをふやかして与えていますが、
実際に食べている姿を見たことはありませんでした。
パイプウニの水槽にワカメを入れ、翌日見ると無くなっています。

この(こわい)口で、どうやって食べているんだろう…
そもそも本当にパイプウニが食べているんだろうか…
別の飼育員が閉館後に取り除いていたりするんじゃないだろうか…
なんて思いながらワカメを水槽にいれていましたが、

先日、私が給餌担当の日にパイプウニの食事風景を見ることができました!
展示ではなく予備水槽でですが、「本当に食べてくれていたんだ!」と感動です。

ワカメをガブッ!!!!

こわっ!!!!食べてるところもなんだかこわい!!!!

展示水槽では口が見えるよう、手前側に張り付いていることが多いので、
是非、パイプウニの(こわい)口を見に来てくださいね!

黒川