調査・研究

2023.07.30

ササノハガイの新宿主に関する実験成果が論文掲載

 ササノハガイは、西日本(本州西部から中部)に分布するイシガイ目の淡水二枚貝(イシガイ類)の一種で、笹の葉っぱを思わせる薄くて細長い貝殻が特徴です。この仲間は、グロキディウム幼生と呼ばれる赤ちゃん時代に、魚などの体に寄生して育つ性質があります。貝の種類によって、幼生が寄生し続けて育つことが出来る相手がある程度決まっていて、そのような寄生相手を「宿主」と呼びます。貝が繁殖するためには宿主への寄生が必須となります。
 この性質から、貝がいる水域において、その幼生と相性の良い宿主が一緒にすんでいないと、うまく子孫を残せません。それが全国的な貝の減少原因の一つだと考えられています。
 相模川ふれあい科学館では、北里大学をはじめとする外部の研究者と協力して、イシガイ類の生態解明をすすめています。このたび、ササノハガイの幼生を様々な「宿主候補」に寄生させてみて、その相性を確かめる飼育実験を行ったところ、これまでに報告のない3種類の宿主を見つけることができました。
このたび、その成果が、公益財団法人宮城県伊豆沼・内沼環境保全財団が刊行する「伊豆沼・内沼研究報告」誌に掲載されました。

掲載誌 伊豆沼・内沼研究報告 Vol. 17 2023年7月発行
題 名 飼育下で判明したササノハガイ幼生の新宿主3種
著 者 伊藤 寿茂(相模川ふれあい科学館)、松井 華花(北里大学獣医学部)、柿野 亘(北里大学獣医学部)


ササノハガイの成貝


宿主から離脱したササノハガイの稚貝

 新たに見つかった宿主は、アブラハヤとドジョウ、ミナミメダカの3魚種です。今回の研究によって、これらの魚に寄生させたササノハガイの幼生が、魚体上で変態し、一定期間の後に稚貝となって離脱してくることを確認しました。今後は自然の川や池の中で、ササノハガイの幼生とこれらの魚が出会っているかどうか確かめる必要があります。これからも大学や他の博物館と連携して、イシガイ類を研究していきたいと考えています。

伊藤


2023年10月
1234567
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30