飼育日誌

2022.09.30

主役は我々だ?

皆さまこんにちは。
9月6日に「海の生き物水槽」の展示生物を更新致しました。
リニューアル第二弾となる展示生物は、みんなの人気者チンアナゴです。
白い砂から顔をのぞかせ、餌のプランクトンをちょこちょことついばむ様子は、私たちが見ても大変興味深く、つくづく面白い生き物です。


チンアナゴ

…と、このままチンアナゴの話をし続けようかとも思ったのですが、今回は一緒に泳いでいるもう一つの小魚についてです。
その名をコバンアジと言います。


コバンアジ(写真はちょっと育ったものです)

育つと50㎝ほどになり、写真のようにヒレがくっきりと黒くなります。非常にかっこいい魚です。

今回、こちらの幼魚を新江ノ島水族館からゆずり受けました。その数、約60個体。
旧知の仲である若手スタッフのIさんが、水族館の目の前の海で採集してくれたのです。感謝感激です。

本来は南の海にすむ魚であり、相模湾ではレアなはずなのですが…最近は湾内でふえてきたのか、はたまたIさんの採集技術がハイレベルなのか、とても気になるところです。

…さて、当初のもくろみとしては、高さのある「海の生き物水槽」で底モノであるチンアナゴを展示するにあたり、彼らが活動しない上の方を「ちょっとだけ」にぎやかにしたいと思ったのです。わき役的なポジションでと思っていたのですが、良い意味で期待を裏切ってくれました。


コバンアジ、目立ちすぎ!

60個体のコバンアジがひらひらと泳ぎ回る様子は、まるで桜吹雪のよう!想像した以上に目を引きます。主役のチンアナゴ以上に目立っている?いや「我々こそが主役だ!」と言っているかのようです。それでいて、チンアナゴもびびっているわけではなく、餌を与えるとこぞってついばんでいます。実に面白い展示になりました。

本展示は11月下旬までの予定です。ご来館の際は是非、ご覧下さい。

伊藤


2024年6月
23242526272829
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30