飼育日誌

2021.09.30

天女?それとも、幽霊?

相模川ふれあい科学館といえば、
“川の生き物”が代表的ですが、
ちょこっと海の生き物も展示しています。

海の生き物の水槽で一番大きいのが、
“相模湾水槽”です。

相模湾で見ることのできる生き物をテーマにした水槽で、
この度、以前から私が展示したいと思っていた魚が登場しました!
それがこちらの魚‥

ハナハゼです!

海底や岩などにくっついていることが多いハゼの仲間の中で、
ハナハゼは海底から少し離れたところを、
ふわふわと浮かぶように泳ぎます。

光の加減で薄ピンク色や薄紫色に見える不思議な体色、
青く輝く目、流れになびく尾ビレ、
への字のちょっと不機嫌そうな口元‥
見ていて飽きません。
 

海の中で見ると青白く浮いて見えることもあり、
“幽霊ハゼ”とも呼ばれますが、
優雅にただようその姿は
まるで、天女の羽衣のようだと思いませんか?

 
 ↑海中ではこんな感じに見えます。

天女か幽霊か。
さて、皆さんにはどちらに見えますか?

亀ヶ谷


2021年10月
17181920212223
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30