このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2020.10.13相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

進化のふしぎ

気づいたらセミの鳴き声も聞こえなくなり、
すっかり肌寒くなった今日この頃です。

10月のマンスリー水槽では
ハロウィンの“おばけ”をテーマにした生き物を展示しています。
その生き物がこちら。

のっぺらぼうみたいなお魚です。

この魚はブラインドケーブカラシンといって、
メキシコの洞窟の中でくらしている魚です。
光のとどかない洞窟の中で進化したため、
目が退化しメラニン色素も持ちません。

なぜ“洞窟”という限られた場所を選んだのか、
進化の不思議を感じさせる魚です。

暗くて餌の少ない洞窟の中でくらしているので
あまり動かないように思えますが、
とにかくよく動きます。

見ていて飽きない魚です。