このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2020.05.28相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

思わぬところで生き物発見!

こんにちは。
季節のうつりかわりは早いもので、もうすっかり初夏の陽気ですね!

さて、唐突ですが皆さんはお散歩をしている途中で田んぼや川があると、ついついのぞき込んでしまうことはないでしょうか?
私は必ずしてしまいます(笑)。
どんな生き物がいるのかな~なんて気になってしまうんですよね。生き物好きの性なのでしょうか?

当館のわきにはふれあい田んぼという棚田がありまして、
もう水が張られ、アメンボがすーいすーいと気持ちよさそうに泳いでおります。
ここもつい生き物を探してしまいたくなるような雰囲気ですが、
今回皆さんに紹介したい場所はふれあい田んぼではなく、こちらです!

こちらは当館入口の正面にある水盤なのですが、
皆さん、率直にこの水たまりに生き物がいると思いますか…?
私はお恥ずかしながら、何もいないだろうと思い込んでおりました。
しかし、先日いつものくせでなんとなーくのぞき込んでみると…

なにかいる!なんだこいつは!!
すかさず網を持ってきまして、ザカザカとすくってみました。
すると…

いっぱいいる!!

先ほどの生き物はマメゲンゴロウの幼虫と思われます!
他にもアマガエルのオタマジャクシやヤゴ、マメガムシという虫までいます!
ここは例年では水を流しており、こういった水たまりはできない場所なのですが、
本年は新型コロナウイルスの影響で遅れておりまして、たまたま水たまりができていたというわけです。

このような一時的な環境でも生き物はどこからともなく飛んできて、命をはぐくんでいるのですね。
生き物の力強さにはいくつになっても驚かされるばかりです。

山田