このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2019.11.08相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

カエルの顔と、じゃあこれは…?

カエルの顔をまじまじと見たことはありますか?
苦手な方もいらっしゃいますが、個人的にはとても愛嬌のある顔だと思っています。

現在開催中のカエル展で撮影したカエルの顔があります。

マルメタピオカガエルという名前で、バジェットフロッグと呼ばれることもあります。

それでは、こちらはどうでしょう。

目が顔の上についていて、先ほどのカエルの顔と似ていますね。
しかしこれは、カエルの顔ではないんです。

全身を見るとわかります。

魚ですね。
魚ですが、水の外に出ていますね。とても変わっています。

ミナミトビハゼという名前で、日本では沖縄県などの河口の干潟や、マングローブのはえている場所にくらしています。

このミナミトビハゼは、海の生き物水槽で来年の1月19日まで展示していますので、ぜひ見に来てくださいね。

竹本