このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2019.11.04相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

食欲の秋

今回は11月のマンスリー水槽にまつわる話です。

11月にもなるとようやく本格的な秋到来!といった感じですが、
秋のイメージは芸術・スポーツ・読書などいろいろとあって、感じ方は人それぞれ違うと思います。
ですが、私は迷わず“食欲の秋”で水槽を作ることに決めました。即決です。

過去の展示を振り返ってみると、食べておいしいマハゼを紹介したことがありました。
おいしい魚だとかぶってしまうので、別の方向性で考えていると…

食欲の秋
 ↓
食べ物がおいしい
 ↓
ついつい食べ過ぎる
 ↓
おなかがいっぱい
 ↓
おなかがポッコリ!

そうだ!おなかがポッコリした魚を紹介しよう!

ですが、常におなかがふくらんでいる魚なんているのでしょうか…
エサをたくさん食べさせていつでも満腹っていうのも苦しいし…

あ!いた!!

みてください、この立派なおなかを!見事にふくらんでいます!
(決して大量のエサを食べさせているわけではありませんよ)
別の角度から見るとそれがよくわかります。

前から見るとこんなに薄っぺらいのです。

これは、南米にくらすハチェットフィッシュと呼ばれる魚の仲間です。
大きさは3~4㎝程で、水面近くを泳いでいます。自然界では飛んでいる虫をジャンプして捕まえたり、
敵に襲われたときに勢いよく飛びはねて逃げるということがあるようです。

今回は3種類のハチェットフィッシュを紹介していますので、ぜひ見に来てくださいね。

竹本