このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2019.11.01相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

ふれあい田んぼ脱穀・風選

10月も半ばを過ぎて、一気に肌寒くなってきました。
先日10月19日(土)は脱穀・風選の日。
前回の稲刈りから約3週間たちました。刈り取った稲も調度良く乾いて準備OK!
脱穀・風選は専用の機械を使います。
まずは脱穀。足踏みの脱穀機を使って稲から籾(もみ)の部分を落としていきます。
脱穀機の中にあるトゲトゲ型のローラーを足で回して稲と籾を分けていきます。
足踏みのタイミングがずれると逆回転してしまうのでリズムよく踏んでいきます。

しっかり踏んで、リズムよく…なかなか難しいです。

もみがある程度溜まったら、唐箕(とうみ)を使って残った藁や中身の入っていない籾とお米が入っているもみを分けていきます。
中にある扇風機を手でぐるぐる回して、藁や空の籾が風で飛んでいきます。

だんだんお米の入った籾だけになっていきます。

外れ切らなかったものは手で落として…

脱穀・風選完了!

今回取れたお米は11.1kg。ぐるぐる回したり力強く踏んだり、みんなで楽しく作業していました。
ふれあい田んぼ探検隊も次回が最後となりました。
収穫祭は11月2日(土)、いよいよ私たちが食べられるお米になっていきます。
次回が楽しみです!

熊田