このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2019.10.11相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

ふれあい田んぼ「稲刈り」

最近は涼しくなって秋の匂いがしています。
先日9月28日(土)は稲刈り・稲架がけの日でした。
台風や雨の日が続いていましたが、無事晴れて天気にも恵まれました!
5月に植えた苗も大きく伸びて、綺麗な黄色い稲になっています。

5月。まだ小さかった苗は…

大きく成長して綺麗な黄色に!


稲穂もふっくらしています。

まずは、鎌を使って稲を根元から切ります。
鎌の正しい使い方を隊長がレクチャーします。
安全に気をつけて稲刈りスタート!

大きく伸びた稲を切るのは大変…うまく切れるかな?


切れた稲はブルーシートへ持っていきます。

切った稲を溜まってきたら、束にまとめて、古い稲で結びます。

結ぶのも難しい…。解けないようにしっかり結びます。

結んだ稲は柵に干していきます。(稲架がけ)

切るのも慣れてきて、気づけば後少し!

結ぶのにも慣れてきてみなさん早いです!

全て干し終わって稲刈り・稲架がけ完了!


おつかれさまでした!

干した稲はこのまま約3週間、乾燥させます。
乾燥させないとカビが生えてしまったり、腐ってしまうため、稲架がけで水分を減らします。
十分に乾燥させたら、脱穀・風選。これからだんだん私たちが食べているお米になっていきます。

次回、脱穀・風選は10月19日(土)。

どのようにお米になっていくのか見てみたい!体験してみたいなど、
まだまだ皆様のご応募をお待ちしております。

熊田