このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2019.06.07相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

6月のマンスリー水槽

皆さんこんにちは。
今回の飼育日誌では6月のマンスリー水槽の紹介です。

6月といえば梅雨の季節だなあと思い、雨の日に見られる生き物として「ミスジマイマイ」を展示しています。
ミスジマイマイと聞いてもピンとこない方もいるかもしれませんね。

そう、カタツムリです。
実はカタツムリという名前はニックネームのようなもので、カタツムリと呼ばれる陸で生活する貝の仲間たちには、
「~マイマイ」とついています。

一昨年ミスジマイマイを展示したときは、「カタツムリたちの楽園」をテーマに水槽を作りましたが、
今回は「かたつむりの庭園」をイメージしてみました。

また、梅雨の雰囲気が出るよう、水槽内では水がぽたぽたと落ちるよう工夫しています。

この写真は展示初日に撮影したもので、ミスジマイマイたちは元気に動き回っていたのですが、
翌日見てみると皆カラの中にこもってしまっていました。
水槽内が乾燥してしまったようです。

チーン‥

こうなってしまうとミスジマイマイの魅力のうち、10分の1もお客様に伝わりません。
この記事がHPにアップされる頃には、元気な姿をご覧いただけるよう改善していますので、
是非、ミスジマイマイを見に来てくださいね!

黒川