このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2019.05.10相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

クラゲ…じゃないのコレ!?

現在開催中の“ようこそクラゲ展”ではたくさんのクラゲの仲間を紹介しています。

そのなかでも、「わぁ~クラゲが光ってるー」とか「このクラゲ、虹色できれい~」
というお客さんの声が聞こえてくるのが“カブトクラゲ”の水槽です。

近づいてみると、カブトクラゲはこんな姿をしています。

きらきら虹色に光っていて、本当にきれいです。

一日中眺めていられます。

ですが、私は言いたいことがあります。

「カブトクラゲはクラゲではありません!」

これは“クラゲ”という生物の定義のひとつのお話で、カブトクラゲは一般的なクラゲ(刺胞動物)の仲間ではなく、
クシクラゲ(有櫛動物)という全く別の生き物の仲間なのです。
分かりにくいですよね…でもこの違いは、はっきりいってかなりの違いです。

体感でわかるのは、カブトクラゲはさわっても刺さないということ。
港の中などでみられることもありますが、もし見つけてもとってももろいのでさわらないほうがいいですね。
眺めて楽しみましょう。

竹本