飼育日誌

2019.05.10

クラゲ…じゃないのコレ!?

現在開催中の“ようこそクラゲ展”ではたくさんのクラゲの仲間を紹介しています。

そのなかでも、「わぁ~クラゲが光ってるー」とか「このクラゲ、虹色できれい~」
というお客さんの声が聞こえてくるのが“カブトクラゲ”の水槽です。

近づいてみると、カブトクラゲはこんな姿をしています。

きらきら虹色に光っていて、本当にきれいです。

一日中眺めていられます。

ですが、私は言いたいことがあります。

「カブトクラゲはクラゲではありません!」

これは“クラゲ”という生物の定義のひとつのお話で、カブトクラゲは一般的なクラゲ(刺胞動物)の仲間ではなく、
クシクラゲ(有櫛動物)という全く別の生き物の仲間なのです。
分かりにくいですよね…でもこの違いは、はっきりいってかなりの違いです。

体感でわかるのは、カブトクラゲはさわっても刺さないということ。
港の中などでみられることもありますが、もし見つけてもとってももろいのでさわらないほうがいいですね。
眺めて楽しみましょう。

竹本


2021年5月
9101112131415
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30