このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2018.05.09相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

「鯉の知らない世界」⑦

ふれあい科学館では現在、年に4回企画展を開催しています。
この企画展、実は発案から会場レイアウトなどにいたるまで、そのほとんどを飼育係が考えています。
 

展示の中には生き物だけでなく、ハンズオン展示と呼ばれる、触れて感じる・体感する展示を設けることもあります。
これも、自分たちで考えて作っています。

今回の企画展のテーマは“コイ”です。どうやってコイを感じて頂くか色々考えました。
そのひとつがこれ。


 
コイのぬいぐるみが3つ。

・・だけではありません。
 
このぬいぐるみは、大きさだけでなく、重さもそれぞれ違います。
実際のコイの大きさと重さを再現したものなのです。

コイは大きくなると1m近くになるものもいます。
ふれあい科学館でも、たまにコイを捕獲する機会があるのですが、その時ひしひしと感じるのが、コイの重さとパワーです。

普段は水の中で浮かんでいるので、軽そうに見えてしまうのですが、まさに筋肉のかたまりといった感じ。
大きなコイを抱えるのは一苦労です。

果たして1m近いコイはどのくらい重いでしょうか?

是非チャレンジしてみてください!

ただし、くれぐれも腰を痛めないように注意してくださいね。

亀ヶ谷