このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2017.10.27相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

どんぐりゴマを作ろう!

こんにちは。

ちょうど今、科学館や近所の公園などでは、様々な種類のどんぐりが落ちています。

そして、どんぐりを使った遊びで真っ先に思い浮かぶのは“どんぐりゴマ”ではないでしょうか?

今日は、どんぐりゴマ作成歴15年の私が、どんぐりゴマ作りのコツをお教えいたします!

・どんぐりゴマに適したどんぐり

どんぐりの種類は多々ありますが、よく回るコマを作るにはクヌギとマテバシイのどんぐりがおすすめです。

クヌギは少し自然の多い場所に多く、マテバシイは公園の街路樹としてもよく使われています。

そして、どんぐりも十人十色。同じ種類でも、形がどれも少しずつ違います。

どんぐりゴマを作る時には、できるだけお尻が曲がっておらず中心の軸が真っすぐになっているどんぐりを選びます。

良いどんぐりを見つけたら、どんぐりの中心にキリなどで真っすぐ慎重に穴をあけます(手を怪我しないように注意です!)。

最後に2㎝くらいに切った爪楊枝を刺して完成です!

回してみると、、、、

まぁまぁいい感じですね。

こんな技もあります。

みなさんもお気に入りのどんぐりを見つけて、どんぐりゴマを作ってみてはいかがですか?

水族館BOY 中尾