飼育日誌

2017.10.02

すぐそばにあるもの

気づけばすっかり肌寒くなり、聞こえてくる音も、セミの鳴き声からコオロギの鳴き声にかわりました。

7月14日より始まった夏の特別企画展“ふれあい夏まつり”では、多くの方に来館いただき、毎日を忙しく過ごしていました。


充実した日々と共に、急ぎ足で過ぎてしまった夏・・・・・・・・かわりに秋はじっくりと楽しみたいものです。

現在開催している特別企画展では、身近な生き物で感じる“秋”をご紹介していますが、
真ん中のスペースでは、ちょっとだけ落ち葉やどんぐりをご紹介しています。

身近なところにある落ち葉を集めてみたのですが、あらためて葉っぱを見てみると面白い発見がたくさんありました。

身近な樹木の代名詞、サクラの葉っぱには“柄”に小さなコブがあります。

このコブ、じつは蜜が出る蜜腺なのです。


蜜というと花にあるイメージがありますが、こんなところから蜜がでるものもあるんですね。

そしてこちらの落ち葉。 なんの葉っぱか分かりますか?

とても大きなこの葉っぱは、“桐箪笥”でおなじみの“キリ”の葉っぱです。

私自身、キリがこんな大きな葉っぱをつけることを知りませんでした。

すぐそばに落ちている葉っぱにも、面白いことがたくさんあるものです。

皆さんも、童心にかえって“落ち葉ひろい”してみませんか?

亀ヶ谷


2021年11月
21222324252627
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30