飼育日誌

2017.07.18

君がいないと生きられない!

毎日暑い日が続きますね。
ふれあい科学館のスタッフにとって、一番忙しい季節がやってきました。

7月14日(金)からスタートした、夏季特別企画展。
「ふれあいまつり」ということで、いろいろな生き物に実際にふれていただくことができます。

いつもは当館にはいない、カピバラやアルタブラゾウガメ、ケヅメリクガメに、
エサやり体験(数量限定)ができたり、一日2回実施している「ふれあいワゴン」が、4回に増えたりと、
一日中いても飽きないくらいイベントが目白押しで、生き物たちとふれあいまくれます!!

企画展会場ではカピバラやゾウガメが圧倒的な人気を誇っていますが、
今回紹介するのは、「カイコ」です!

昔、相模原では養蚕(ようさん)がとっても盛んで、生まれ育ちが相模原の私は、小学校の授業で習った記憶があります。

実は、カイコは人間がいないと生きていけないよう改良されている昆虫で、野生のカイコは存在しません。

毎日エサの桑の葉を10枚くらいあげますが、一日経つとカピカピに乾燥し、カイコたちが食べなくなってしまいます。
エサがなくなっても、飼育ケースから逃げ出したりせず、じっとエサを待っています。
そして翌日、「こんなカピカピ食べれないよぉ~~…」と言っているかのように、しわしわになって死んでしまったカイコ…
ずーんと落ち込みたくなる気持ちを抑えて、とにかく桑の葉が乾燥しないよう、エサがなくならないよう、色々模索中です!

とってもデリケートな生き物ですが、たまーーにですが、ふれあいワゴンに登場することがあります!
そんな時はやさしくカイコとふれあってみてくださいね!

黒川


2021年5月
9101112131415
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30