このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2017.02.24相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

発電魚6

今回ご紹介する、発電魚はこちら。
写真①

「ジムナルカス」というアフリカの淡水にすむ、弱い電気を出す弱電魚です。
こちらの個体は、大きさが90cmくらいある大きな個体で、これだけ大きなジムナルカスはなかなか見られないと思います。
尾ビレや臀ビレなどはなく、長い背ビレがあるのが特徴で、1科1属1種という珍しい魚でもあります。
個人的には、この口元が
写真②

どうですか、笑っているように見えるのですが。
性格は、顔に似合わず、かなり攻撃的です・・・。

このジムナルカス、実は世界淡水魚園水族館(アクアトト・ぎふ)からお借りしたものです。
もう13年以上生きている個体で、15歳もしくは20歳も超えていると思われます。

ジムナルカスやこれまでにご紹介してきた弱電魚たちは、南米大陸とアフリカ大陸にすんでいるのですが、

写真③ 写真④ 写真⑤

最新の研究では、南米大陸とアフリカ大陸に分裂した後、交わることなく別々に同じ時期かつ同じような時間をかけて、
電気を出せる仕組みを獲得したことが分かってきました。すなわち、生物は種や地域が異なっても、同じような環境に
生息していると、同じような方向への進化が、同じような時間軸で起こり得るということを、この発電魚の進化は示して
いるのです。
このような進化を「収斂進化(しゅうれんしんか)」と言います。

少し難しくなってしまいましたが、まだまだ興味が尽きない発電魚たち。
「発電魚」展は、3月5日までの開催となっていますので、この機会をお見逃しなく!
最後に、ジムナルカスの笑顔(風)写真を1枚。
写真⑥

波多野