飼育日誌

2015.05.11

金〇 ~夢の跡~

「金魚玉手箱」
オートリー・ヘップバーン・イベント、略して「オオトリ」イベント。

5月9日(土)、平賀養魚場から金魚の専門家をお招きして「たかが和金、されど和金」を開催いたしました。

和金は、熱帯魚などの活き餌(餌金)として、大量生産され安価に売られていますが、飼育すると大変楽しめる品種です。

P5090069

「餌金は、どうして皆オレンジ色なのでしょうか?」

かつて、養魚場で質問したことがあります。

更紗(オレンジと白のまだら)模様も作れない事は無いのですが、売れ行きが悪くなるらしいのです。

なぜか?

金魚に個性が出て、餌として与える度に可哀想に思ってしまい、良心の呵責に苛まれるようになり、購入も控えがちになってしまうのだそうです。

P4031121

和金は、胴長で体表の面積が広いですから、鱗並び、色模様が鮮明に映ります。

綺麗な更紗模様の個体は、大変魅力的です。

鰭も短いため、老成化しても、すぼめたり垂れたりする事がなく、いつまでも活き活きと遊泳してくれます。

また、ピンポンパールなどの品種と比べれば、明らかに丈夫です。

さらに飼い方しだいで、背が盛り上がった見事な体型になるので、飼育テクニックを楽しむことも可能です。

良い事ずくめの和金!

講座では、なんと参加者にはもれなくミツオワキンを『3尾セット』でプレゼントしちゃいました。

P5090081

大好評を頂戴しました、金魚玉手箱も、終了となりました。

私が一番楽しんだことは、誰の目にも明らかなようですが、私の次に、皆様にお楽しみいただけたのではないかと期待しています。

次回、いつの日か、「私の愛した金魚展」で、お会いしましょう。

さよなら、サヨナラ、SAYONARA


2021年8月
1234567
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30