飼育日誌

2014.08.05

真~夏の怪~奇!

暑い日が続きますね。
今月のミニ企画展水槽は、そんな真夏にぴったりな怪奇生物を展示しています。

それがコウガイビル!

植木鉢の下など、湿った場所で見つけられる生き物です。

コウガイビル全体

 

 

 

 

 

ニョロニョロとした動きだけでも、ぞわわっとくる方がいると思いますが、それだけではないんです!

コウガイビルはお腹に口があり、そこから消化液を出して、ナメクジやミミズなどを溶かします。そして、じゅるじゅるとその粘液をすすって食べてしまうんです。

先日。ついに、摂餌シーンの撮影に成功しました!

ナメクジ溶かし中1 (1)

 

 

 

 

 

 

大好物のナメクジを入れた瞬間、長い体をナメクジにからめて捕え、どんどん消化液をナメクジにこすり付けていきます。

ナメクジ溶かし中1 (2)

 

 

 

 

 

 

もぉ、この時点でゾワワッでした!
噂には聞いていましたが、本当に恐ろしい光景…。
あっという間に、ナメクジは動かなくなってしまいました。

この摂餌シーン、ぜひ生でご覧頂きたいのですが、どうやら一度エサを食べると、しばくは何も食べないで平気のようです。

もし勇気がありましたら、この怪奇生物を、観察しに来てくださいね♪


2021年8月
1234567
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30