飼育日誌

2014.05.24

ある日の閉館後・・・

今日はお客様が帰られた後、閉館後の様子をご紹介します。

ある日の閉館後写真水槽の架台の下に、頭を突っ込む2人の飼育員。

何をしているかというと、水槽の水をキレイにする「濾過槽」のメンテナンスを行っていたんです。

生き物は私たちと同じように、ご飯を食べて、ウンチやおしっこをします。

排泄物などで汚れた水は、濾過槽へと流れていきます。

濾過槽では、目の細かい砂で汚れをろ過し、バクテリアによって、体に悪い成分が分解されます。そしてキレイになった水は、また水槽へと戻っていきます。

濾過槽は生き物を飼育するのに、とっても重要なんです。

 

その濾過槽には、取った汚れがどんどん溜まっていきます。そのままにしておくと、水をキレイにする力が無くなってしまうので、定期的に濾過槽を掃除する「逆洗」という作業を行っています。

写真の2人は、その逆洗作業中。砂を手でかき混ぜながら、浮き出てきた汚れを水ごと捨てていきます。

水は冷たく、手はかじかみますが、30分ほど砂をかき混ぜ続けます。

作業が終わると水槽の水も澄み、魚たちも心なしかご機嫌に見えます。

生き物たちが健康に暮らせるように環境を整えていくことは、飼育員の大切な仕事。

閉館後は、じっくり生き物たちとの時間に費やしています。


2021年5月
9101112131415
  • 休館日
  • 祝日・振替休日
  • 9:30~17:00
  • 9:30~18:30
  • 9:30~16:30