このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
ニュース
2016.10.06

国の特別天然記念物 オオサンショウウオの展示を再開♪

常設展示コーナーの「両生類水槽」にて、国の特別天然記念物オオサンショウウオの展示を再開しました!
当館では以前よりオオサンショウウオの展示を行っていましたが、昨年11月14日に死亡し、展示を休止していました。

オオサンショウウオ01

今回、関係機関のご協力により、広島市安佐動物公園(広島県広島市)にて繁殖し、世界淡水魚園水族館 アクア・トトぎふ(岐阜県各務原市)へ譲渡されていたオオサンショウウオ(オス、26歳)1個体を借用することとなり、展示再開が実現しました。
借用期間は平成34年3月31日までとなっています。

あたらしい仲間に会いに来てくださいね♥

◆借用個体情報◆
性別  オス
全長  85cm(平成28年3月測定)
体重  4.9kg(平成28年8月測定)
年齢  26歳(平成28年9月末時点)
出生地 広島市安佐動物公園にて繁殖した個体
(平成16年6月に世界淡水魚園水族館アクア・トトぎふ に譲渡)
※両親はともに広島県内での保護個体
平成元年 9月 2日 産卵 / 平成元年10月14日 ふ化

オオサンショウウオ03

◆オオサンショウウオとは◆
【学名】 Andrias japonicus
【分類】 両生綱 有尾目 オオサンショウウオ科
【生態】 日本固有種。生息域の北限は岐阜県、南限は大分県で、関東には生息していません。
     世界最大の両生類といわれ、全長150cmを超える個体も確認されています。
     山間の渓流や里山の小川などに生息し、一生を水の中で暮らします。