このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2018.04.11相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら

「鯉の知らない世界」④

日本のコイの仲間

今回の企画展では、日本に生息する約60種類のコイ科の魚のうち常設展示では展示していない、
選りすぐりの10種類を展示しています。

日本産のコイ科の仲間で、特に人気のある種類と言えば婚姻色がキレイなオイカワやカネヒラ、
タナゴの仲間だと思いますが、、、

今回、私のイチオシはこの魚!


ホンモロコです。

日本でも琵琶湖のみに生息するホンモロコは、普段は琵琶湖の沖の表層や中層を群れて泳ぎ、
産卵期になると湖岸や流入河川へ移動するという、広大な琵琶湖という環境をうまく利用した
独特な生態を持っています。

現地では食用として大変美味しく食べられているポピュラーな魚ですが、
関東地方で生体を見ることはあまり無いと思います。

展示レイアウトにもこだわり、琵琶湖湖岸をイメージして、琵琶湖に多く生えている
ネジレモといった水草を植栽し、背景も実際の琵琶湖の水中の風景を使っています。


展示しているその他のコイ科の魚も、それぞれの生息環境をイメージしたこだわりレイアウトに
なっていますので皆様ぜひご来館ください!

水族館BOY 中尾