このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2018.03.12sagamigawa2014

空飛ぶ哺乳類「ムササビ」

皆さん、ムササビって知っていますか?
聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。

ムササビは、リスの仲間で、なんといっても空を飛ぶことで有名です。

飛ぶと言っても正確には、皮膜と呼ばれる膜を広げて、高い場所から低い場所へ滑空をするのです。

ムササビなんて山奥にしかいないと思っていませんか。
実は、この相模原市にも生息しているのです。

今回のミニ企画展示「もっと知りたい相模の自然 第4回」では、津久井湖の脇にある、
県立津久井湖城山公園と相模市立博物館のご協力を頂き、城山公園に生息するムササビについてご紹介しています。

頭部の骨格標本や

ムササビの剥製標本を展示しています。

相模原市の自然の豊かさや奥深さを感じて頂ければと思います。

波多野