このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
飼育日誌
2017.04.21sagamigawa2014

ゴキブリの脱皮

こんにちは!
今日は私の担当している、マダガスカルオオゴキブリのお話をしたいと思います。
※写真もありますので、苦手な方はご注意ください!

「ゴキブリ」と言っても、皆さんが想像するような猛スピードでカサカサ動くゴキブリとは少し違います。

羽がなく、脅かさなければゆっくりのろのろと歩き、手に乗せることもできます。
また相手を威嚇するときには、体中にある「気門」と呼ばれる穴から空気を出し、「シュー!!」と音を出します。

よくふれあいワゴンにも登場してもらっていますが、先日、ある光景を目にしました。

いつものようにふれあいワゴンに登場してもらおうと、展示水槽のフタを開けたときです。

??!!
白いものがいる!!!!

脱皮してるーーーーーーー!!!!

今まさに「よいしょ、よいしょ」と脱皮をしているところでした!
急いでカメラを取りに行き、写真を撮りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだお尻が出きっていないのがわかると思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ああ、ピントが合わない…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もたもたしているうちに完全に出きってしまいました…

水槽の中にカメラを入れてアップでとると、

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

触角の先は透き通ったきれいな白色をしています。

以前も脱皮直後は見たことがありましたが、その時は4時間後くらいには元の色に戻っていました。
白色のままだったら、ゴキブリとは思えないですよね。

私は虫が苦手で、その中でもゴキブリはズバ抜けて嫌いでした。
でも、毎日お世話をして色々調べてみると、だんだん可愛く思えてきてしまうんですよね。

皆さんも、ふれあいワゴンでマダゴキちゃんに当たった時は、思い切って触ってみてください。
意外にも違った印象を受けるかもしれません。

黒川