このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
館内マップ
  • 魚類
  • 両生類・爬虫類
  • 甲殻類・その他
  • 神奈川県の自然から絶滅した生き物たち

両生類・爬虫類

「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」では、100種類以上の生き物をご紹介しています。
ここでは相模川周辺で見られる生き物たちを、少しだけご紹介します。

※季節や生物の状態により展示内容を変更している場合がございます。

トウキョウダルマガエル

無尾目アカガエル科 [神奈川県RD:絶滅危惧II類]

平地や丘陵地の水田や小川などに生息し、虫を主に餌として食べます。4月から7月にかけて水田や池などに産卵します。

アズマヒキガエル

無尾目ヒキガエル科 [神奈川県RD:要注意種]

平地から山地まで広く生息し、虫を主に餌として食べています。「ガマガエル」とも呼ばれる大型のカエルで、眼の後ろにある耳腺から毒を出します。

ヒダサンショウウオ

有尾目サンショウウオ科 [神奈川県RD:絶滅危惧II類]

山地の渓流域に生息し、虫やミミズなどを餌として食べています。2月から4月頃に、渓流の源流部にある水が湧き出るような場所で産卵します。

アカハライモリ

有尾目イモリ科 [神奈川県RD:絶滅危惧I類]

平地から山地の水田や池などに生息し、虫やミミズなどを餌として食べています。2月から7月頃に、粘着性のある卵を水中の草や枯葉に産み付けます。

ニホンイシガメ

カメ目イシガメ科 [神奈川県RD:絶滅危惧I類]

丘陵地や山地の川や池などに生息し、雑食性で虫や植物なども餌として食べています。甲羅の後縁部がギザギザしており、メスがオスより大きくなるのが特徴です。

ヒガシニホントカゲ

有鱗目トカゲ科 [神奈川県RD:要注意種]

平地や山地の水田や山林などに生息し、虫やミミズなどを餌として食べています。幼体の尾は、濃い青色をしていますが、成長とともにその色は消えていきます。

アオダイショウ

有鱗目ナミヘビ科 [神奈川県RD:要注意種]

平地や山地の草むらや山林などに生息し、カエルやネズミなどを餌として食べています。木登りが上手で、家などにも住み着くことがあり、「守り主」として大切に扱う地域もあります。

  • 魚類
  • 両生類・爬虫類
  • 甲殻類・その他
  • 神奈川県の自然から絶滅した生き物たち