このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
館内マップ
  • 魚類
  • 両生類・爬虫類
  • 甲殻類・その他
  • 神奈川県の自然から絶滅した生き物たち

神奈川県の自然から絶滅した生き物たち

生息していた環境の変化など、さまざまな要因により絶滅の恐れがある在来種の動植物で、日本では環境省など多くの団体が協力して、レッドリスト(絶滅の恐れのある野生生物の種のリスト)などを作成・公表し、理解を深める指針としています。
参考URL:日本のレッドデータ検索システム http://www.jpnrdb.com/

ミヤコタナゴ

コイ目コイ科 [神奈川県RD:野生絶滅]

湧き水があるような小川や池、湿地を流れる細流などに生息し、コケや水の中の虫などを餌として食べます。繁殖期である春から夏にかけて、雄は色鮮やかな婚姻色が現れます。マツカサガイやドブガイなどの淡水性二枚貝に卵を産み付ける習性を持ちます。神奈川県では、横浜市のため池で確認されたのを最後に野生絶滅してしまいました。国の天然記念物にも指定されています。

ゼニタナゴ

コイ目コイ科 [神奈川県RD:野生絶滅]

平野部の浅い湖沼や池、これらに連なる水路などに生息し、コケや水草、水の中の虫などを餌として食べます。他のタナゴに比べて、うろこが細かいのが特徴です。秋にドブガイやカラスガイなどの淡水性二枚貝に卵を産み付け、孵化した仔稚魚は、貝の中で冬を越して、春になると貝の中から泳ぎ出てきます。神奈川県では、横浜市のため池で確認されたのを最後に野生絶滅してしまいました。

タガメ

カメムシ目コオイムシ科 [神奈川県RD:絶滅]

水田やため池などに生息し、水の中や水面に落ちてきた虫などを餌として食べます。日本最大の水生昆虫で、雌は水面に出た枝などに卵を産み付け、その後、雄が卵を孵化するまで世話をします。農薬の影響や生息地の減少などにより、神奈川県では、絶滅したと考えられています。

ゲンゴロウ

甲虫目ゲンゴロウ科 [神奈川県RD:絶滅]

水田やため池などに生息し、成虫は、水の中や水面に落下した虫などを餌として食べます。水の中で過ごした幼虫は、陸に上がり蛹となり、羽化して成虫となります。農薬の影響や生息地の減少などにより、神奈川県では、絶滅したと考えられています。

  • 魚類
  • 両生類・爬虫類
  • 甲殻類・その他
  • 神奈川県の自然から絶滅した生き物たち