このメッセージを表示しない X ご利用のブラウザーでは本サイトのコンテンツが正しく表示できない場合があります。
下記サイトからブラウザーをアップデートしてご利用いただくことを推奨いたします http://windows.microsoft.com/ja-JP/internet-explorer/products/ie/home
館内マップ
  • 魚類
  • 両生類・爬虫類
  • 甲殻類・その他
  • 神奈川県の自然から絶滅した生き物たち

魚類

「相模川ふれあい科学館 アクアリウムさがみはら」では、100種類以上の生き物をご紹介しています。
ここでは相模川周辺で見られる生き物たちを、少しだけご紹介します。

※季節や生物の状態により展示内容を変更している場合がございます。

ヤマメ

サケ目サケ科 [神奈川県RD:絶滅危惧IA類]

川の上流域に生息し、川の中にいる虫や水面に落ちてくる虫などを餌として食べています。海へ下り大型化したものをサクラマスと呼んでいます。

アブラハヤ

コイ目コイ科 [神奈川県RD:準絶滅危惧]

川の上流から中流域に生息し、雑食性でコケや川の中にいる虫などを餌として食べています。産卵期のメスは、口の先がへら状に伸びるのが特徴です。

ニゴイ

コイ目コイ科 [神奈川県RD:絶滅危惧II類]

川の中流から下流域に生息し、川の中にいる虫や貝類、大きくなった個体では小魚なども餌として食べています。口が下向きについており、ヒゲが1対(2本)あります。

アユ

サケ目アユ科

春に若魚が海から川に上り、中流域で岩についたコケなどを食べて成長します。秋になると下流域へ下り、卵を産んで一生を終えます。ふ化した稚魚は、直ぐに海へ下り、プランクトンなどを食べて成長をします。

ウグイ

コイ目コイ科 [神奈川県RD:準絶滅危惧]

川の上流から下流域まで広く生息し、雑食性でコケや川の中にいる虫などを餌として食べています。産卵期には、体に黒と朱色のしま模様があらわれます。

ニホンウナギ

ウナギ目ウナギ科

川の上流から河口域まで広く生息し、川の中にいる虫やエビやカニ、小魚などを餌として食べています。海で産まれた稚魚は、海流に乗って日本にまでやってきます。成熟した個体は、産卵のために南方の深海へ移動をします。

カマツカ

コイ目コイ科 [神奈川県RD:準絶滅危惧]

川の中流から下流域に生息し、雑食性で川の中にいる虫などを餌として食べています。川底を泳ぎ、口で砂ごと吸いこみ餌を探します。身をかくす時は、砂の中に潜ります。

ボウズハゼ

スズキ目ハゼ科 [神奈川県RD:準絶滅危惧]

川の上流から中流域に生息し、岩についたコケを餌として食べています。流れのある瀬を好み、吸盤状になっている口と腹鰭を使って岩の上や垂直な面などものぼることが出来ます。

ドチザメ

メジロザメ目ドチザメ科

海の沿岸域から淡水が混じる河口域まで生息し、魚やエビ、カニなどを餌として食べています。眼の下には、まぶたのような膜(瞬皮)があります。

アカエイ

トビエイ目アカエイ科

砂地や泥のような海底から河口域にまで生息し、魚やカニ、ゴカイなどの底生生物を餌として食べます。尾は長く、毒の棘を持ちます。

  • 魚類
  • 両生類・爬虫類
  • 甲殻類・その他
  • 神奈川県の自然から絶滅した生き物たち